メニュー

活用事例

世界中のイノベーターが今、AirMapに信頼を寄せ、ドローン、アプリ、ウェブの開発を強化しています。

※このページで紹介されているのはAirMap社のパートナー企業です。詳細はAirMap社のホームページよりご確認下さい。

DJIは操縦しやすいドローンと空中写真撮影システムの分野の市場をリードしており、Phantomに代表されるDJIクワッドコプター は、民生用ドローン技術の標準機となっています。

DJI製品は、ジオフェンシング、空域アラート、ユーザー認証を目的としてAirMap サービスを統合しています。DJIの地理空間環境オンライン(GEO)は北米、欧州、アラブ首長国連邦の顧客向けに、DJI GOアプリとDJIのSDKを使って製作されたアプリでAirMapのサービスを活用しています。

Kittyhawk.ioは、リアルタイムかつエンドトゥエンドなドローン操縦プラットフォームです。Kittyhawk.ioのプラットフォームは、飛行前のプランニングやアウェアネス(認識)、飛行中の交通管制、そして飛行後のロギング(記録)とインテリジェンス(情報)に特化しています。

Kittyhawkは空域状況、アドバイザリー(助言)、ライブの交通情報その他のためにAirMapを利用し、ユーザーが安全に、周囲の空域や航空機に関する十分なアウェアネスを保持しながら操縦することを手助けしています。

Hoverは、飛行ログ、気象データ、ニュースフィード、セーフティクリティカルなフライゾーンや一時的な飛行制限マップなどの機能を含む、無人機パイロット向けの包括的なモバイルアプリです。

Hoverのユーザーは、ステータスバーの空域状況と、AirMapツールで動力を与えられ、世界的に利用可能な空域マップを素早く確認することができます。

DroneDeployは商業用無人機向けの主要なクラウドソフトウェアプラットフォームであり、世界130カ国以上のさまざまな業界のユーザーが無人機マッピングのフライトを簡単に自動化し、画像を正確で高品質な地図や3Dモデルに加工し、航空データを分析して業界に統合します ワークフロー。

DroneDeployのフライトプランニングでは、AirMapサービスを空域アラートに統合して、ユーザーがDroneDeployインターフェイスからすぐに飛行できる場所を簡単に把握できるようにします。

AirMapを活用した開発を始めてみませんか?