ドローンメーカー RA 2017-08-23T10:30:55+00:00

    ドローンメーカー向けツール


ドローンメーカー向けツール

グローバル空域サービス

世界中のドローンの飛行をAirMapが支えています。

DJIやIntel, Sensefly, Aeryo Labsなどの大手ドローンメーカーが、AirMapのプラットフォームを使ってドローンを飛ばしています。

AirMapの使いやすいAPIおよびSDKは、Android, iOSそしてWebでもご利用可能です。

※上記はAirMap社のパートナー企業です。詳細はAirMap社のホームページよりご確認下さい。

ドローンメーカー

世界中のドローンの飛行をAirMapが支えています。

DJIやIntel, Sensefly, Aeryo Labsなどの大手ドローンメーカーが、AirMapのプラットフォームを使ってドローンを飛ばしています。

AirMapの使いやすいAPI及びSDKは、Android、iOSそしてWebでもご利用可能です。

※上記はAirMap社のパートナー企業です。詳細はAirMap社のホームページよりご確認ください。

ドローンメーカー

世界中のドローンの飛行をAirMapが支えています。

DJIやIntel, Sensefly, Aeryo Labsなどの大手ドローンメーカーが、AirMapのプラットフォームを使ってドローンを飛ばしています。

AirMapの使いやすいAPIおよびSDKは、Android, iOSそしてWebでもご利用可能です。

※上記はAirMap社のパートナー企業です。詳細はAirMap社のホームページよりご確認ください。

ドローンIDは、世界初のドローン身元認証用電子証明書です。

AirMap及びDigiCertは、ドローンIDの供給で業務提携しています。ドローンIDは、広く一般に信頼されているSSL/TLS証明書を用いた、ドローンの認証と暗号化のための技術です。この電子証明書を通して、無人航空機の身元を瞬時に照合することが可能になります。

AirMapを使いドローンが安全空域から離脱しないよう、空域に見えないフェンスを設定できます。

DJI等のメーカーがAirMapのプラットフォームを信頼し、慎重な飛行が必要な地域近辺に関する重要情報を、ドローンの安全な飛行に役立てています。

DJIのジオフェンスシステムは、AirMapの空域サービスを利用し、山火事や一時的な航空規制といった危険空域での不注意な飛行操作から、ドローンを守っています。

AirMapのプラットフォームを通して、有人航空機のリアルタイム位置情報を利用することができます。

安全な飛行計画とリアルタイムに判断を可能にするために、ドローンの飛行には周辺空域に関する豊富なデータが必要です。例えば、空域の勧告情報、近辺の有人航空機、そして、その他の有人機情報や気象情報など一般公開されていない空域情報も必要となります。

AirMapはPASSUR、The Weather Company、uAvionix、その他の機関と提携し、ドローン業界に最高レベルの空域インテリジェンスをもたらしています。

ドローンIDは、世界初のドローン身元認証用電子証明書です。

AirMap及びDigiCertは、ドローンIDの供給で業務提携しています。ドローンIDは、広く一般に信頼されているSSL/TLS証明書を用いた、ドローンの認証と暗号化のための技術です。この電子証明書を通して、無人航空機の身元を瞬時に照合することが可能になります。

AirMapを使いドローンが安全空域から離脱しないよう、空域に見えないフェンスを設定できます。

DJI等のメーカーがAirMapのプラットフォームを信頼し、慎重な飛行が必要な地域近辺に関する重要情報を、ドローンの安全な飛行に役立てています。

DJIのジオフェンスシステムは、AirMapの空域サービスを利用し、山火事や一時的な航空規制といった危険空域での不注意な飛行操作から、ドローンを守っています。

AirMapのプラットフォームを通して、有人航空機のリアルタイム位置情報を利用することができます。

安全な飛行計画とリアルタイムに判断を可能にするために、ドローンの飛行には周辺空域に関する豊富なデータが必要です。例えば、空域の勧告情報、近辺の有人航空機、そして、その他の有人機情報や気象情報など一般公開されていない空域情報も必要となります。

AirMapはPASSUR、The Weather Company、uAvionix、その他の機関と提携し、ドローン業界に最高レベルの空域インテリジェンスをもたらしています。

ドローン認証

ドローンIDは、世界初のドローン身元認証用電子証明書です。

AirMap及びDigiCertは、ドローンIDの供給で業務提携しています。ドローンIDは、広く一般に信頼されているSSL/TLS証明書を用いた、ドローンの認証と暗号化のための技術です。この電子証明書を通して、無人航空機の身元を瞬時に照合することが可能になります。

ジオフェンシング

AirMapがAirMapを使いドローンが安全空域から離脱しないよう、空域に見えないフェンスを設定できます。

DJI等のメーカーがAirMapのプラットフォームを信頼し、慎重な飛行が必要な地域近辺に関する重要情報を、ドローンの安全な飛行に役立てています。

DJIのジオフェンスシステムは、AirMapの空域サービスを利用し、山火事や一時的な航空規制といった危険空域での不注意な飛行操作から、ドローンを守っています。

衝突回避

AirMapのプラットフォームを通して、有人航空機のリアルタイム位置情報を利用することができます。

安全な飛行計画とリアルタイムに判断を可能にするために、ドローンの飛行には周辺空域に関する豊富なデータが必要です。例えば、空域の勧告情報、近辺の有人航空機、そして、その他の有人機情報や気象情報など一般公開されていない空域情報も必要となります。

AirMapはPASSUR、The Weather Company、uAvionix、その他の機関と提携し、ドローン業界に最高レベルの空域インテリジェンスをもたらしています。

サービスに関するご質問は、以下よりご連絡ください。

お問い合わせ

サービスに関するご質問は、以下よりご連絡ください。

お問い合わせ