メニュー
楽天AirMap > FlyZone Map > 三重県 > 阿坂城跡(白米城)

阿坂城跡(白米城)

現在地から約
阿坂城は北畠氏により標高300m余の山頂に築かれた城です。応永年間には、籠城する北畠満雅が馬の背に白米を流して水があるように見せ水断ち作戦に出た幕府軍を撃退したと伝えられ、別名「白米城」とも呼ばれます。ハイキングコースとしても人気で、山頂からは市街地が一望でき、ドローン撮影にはうってつけの場所です。
フライトエリア
フライトエリア
オレンジの枠:申請が必要なエリアグリーンの枠:自由に利用可能なエリア
フライトエリア

住所三重県松阪市大阿坂町桝形山

地図を開く

利用可能時間
利用可能時間
  • 自由
利用方法
利用方法
  • 白米城跡は市有地ですが、地元白米城観光協会において管理されており、事前に地元自治会と協議する必要があります。
料金
料金
  • 無料
利用ルール
利用ルール
  • 観光地でもあり、観光客がいる場合があるため、十分に注意し飛行してください。
施設情報
施設情報
施設名
阿坂城跡(白米城)
お問い合わせ先
松阪市観光交流課
電話
0598-53-4406
住所
三重県松阪市大阿坂町桝形山
楽天AirMap > FlyZone Map > 三重県 > 阿坂城跡(白米城)
AirMapアプリダウンロード
app store
google play
楽天保険1日保険シリーズ ドローン保険楽天保険1日保険シリーズ ドローン保険