ホーム RA 2017-08-22T03:53:06+00:00

空域管理者向けツール

詳細はこちら >

ドローンメーカー向けツール

詳細はこちら >

アプリ開発者向けツール

詳細はこちら >

空域管理者向けツール

詳細はこちら >

ドローンメーカー向けツール

詳細はこちら >

アプリ開発者向けツール

詳細はこちら >

ソリューション

AirMapは、UTM技術の世界をリードするプロバイダーです。
何百万にもおよぶドローンや何百ものパートナーが、
安全で効率的なドローンの飛行を行うために、
AirMapのデータやサービスを活用しています。

ダイナミックな空域情報

AirMapの通知・認証システムを利用することで、
ドローン操縦者は通知・申請が可能になり、
空域管理者はリアルタイムにドローンの飛行を把握することができます。
更に、過去の飛行履歴が自動的に生成されるので
管理記録を容易に行うことができます。
詳細はこちら >

リアルタイムの衝突回避

AirMapは日本国内における有人航空機情報をリアルタイムに取得し、ドローン操縦者に向けて情報提供することで安全な運行をサポートしています。
詳細はこちら >

セキュリティ

AirMapのプラットフォームには、
世界中の運行管理システムと安全な連携を行うために必要な
遠隔認証、暗号化通信、重要なインフラの保護などを行う
一連のセキュリティ・ソリューションが含まれています。
詳細はこちら >

安全性、高性能、効率性

低高度での飛行がますます自動化され一般的なものになる中、
ドローンはAirMapの航空情報を参考に、
安全かつ効率的なルートを飛行します。
詳細はこちら >

自動空域管理

AirMapは、要件を満たす場合に空域管理者が自動で許可を行えるようにし、リアルタイムに運航者と直接やり取りできるようにします。
詳細はこちら >

妥協のない安全性

AirMapを使うと、ドローンメーカーがジオフェンシングや
認証ロック解除機能を直接ドローンのファームウェアに組込むことが容易になります。
例えば、米国においてDJIのGeospatial Environment Online (GEO)は、AirMapのサービスを活用しています。
詳細はこちら >

ソリューション

AirMapは、UTM技術の世界をリードするプロバイダーです。
何百万にもおよぶドローンや何百ものパートナーが、
安全で効率的なドローンの飛行を行うために、
AirMapのデータやサービスを活用しています。

ダイナミックな空域情報

AirMapの通知・認証システムを利用することで、
ドローン操縦者は通知・申請が可能になり、
空域管理者はリアルタイムにドローンの飛行を
把握することができます。
更に、過去の飛行履歴が自動的に生成されるので
管理記録を容易に行うことができます。
詳細はこちら >

リアルタイムの衝突回避

AirMapは日本国内における有人航空機情報をリアルタイムに取得し、ドローン操縦者に向けて情報提供することで安全な運行をサポートしています。
詳細はこちら >

セキュリティ

AirMapのプラットフォームには、
世界中の運行管理システムと安全な連携を行うために必要な
遠隔認証、暗号化通信、重要なインフラの保護などを行う
一連のセキュリティ・ソリューションが含まれています。
詳細はこちら >

安全性、高性能、効率性

低高度での飛行がますます自動化され一般的なものになる中、
ドローンはAirMapの航空情報を参考に
安全かつ効率的なルートを飛行します。
詳細はこちら >

自動空域管理

AirMapは、要件を満たす場合に
空域管理者が自動で許可を行えるようにし、
リアルタイムに運航者と直接やり取り
できるようにします。
詳細はこちら >

妥協のない安全性

AirMapを使うと、ドローンメーカーがジオフェンシングや
認証ロック解除機能を直接ドローンのファームウェアに組み込むことが容易になります。
例えば、米国においてDJIのGeospatial Environment Online (GEO)は、AirMapのサービスを活用しています。
詳細はこちら >

ソリューション

AirMapは、UTM技術の世界をリードするプロバイダーです。
何百万にもおよぶドローンや何百ものパートナーが、安全で効率的なドローンの飛行を行うために、AirMapのデータやサービスを活用しています。

ダイナミックな空域情報

AirMapの通知・認証システムを利用することで、ドローン操縦者は通知・申請が可能になり、空域管理者はリアルタイムにドローンの飛行を把握することができます。
更に、過去の飛行履歴が自動的に生成されるので管理記録を容易に行うことができます。
詳細はこちら >

リアルタイムの衝突回避

AirMapは日本国内における有人航空機情報をリアルタイムに取得し、ドローン操縦者に向けて情報提供することで安全な運行をサポートしています。
詳細はこちら >

セキュリティ

AirMapのプラットフォームには、
世界中の運行管理システムと安全な連携を行うために必要な遠隔認証、暗号化通信、重要なインフラの保護などを行う一連のセキュリティ・ソリューションが含まれています。
詳細はこちら >

安全性、高性能、効率性

低高度での飛行がますます自動化され一般的なものになる中、ドローンはAirMapの航空情報を参考に、安全かつ効率的なルートを飛行します。
詳細はこちら >

自動空域管理

AirMapは、要件を満たす場合に空域管理者が自動で許可を行えるようにし、リアルタイムに運航者と直接やり取りできるようにします。
詳細はこちら >

妥協のない安全性

AirMapを使うと、ドローンメーカーがジオフェンシングや
認証ロック解除機能を直接ドローンのファームウェアに組み込むことが容易になります。
例えば、米国においてDJIのGeospatial Environment Online (GEO)は、AirMapのサービスを活用しています。
詳細はこちら >